会社案内
マキノの取り組み
社長ブログ
メンバーブログ
工場紹介
工程紹介
主要設備
製品紹介
よくある質問
人材募集
お問合せ
リンク
HOME

24時間対応型の精密板金工場

単純に生産機械の性能・スピードが上がっただけでなく、IT化により24時間自動運転をするために24時間×365日=8,760時間/年稼働が実現化しています。 さらに、加工段取りを外段取り化することにより実加工時間の比率を増やしていく努力もしています。

24時間稼働を可能にする材料自動倉庫と全自動マシン

生産管理や工場の稼働状況など一元管理ができる

3D CAD図面と作業指示書

業界最大級の材料自動倉庫HYPER MARS

12段×18列の世界最長・最速の材料自動倉庫HYPER MARS。 時代は小ロット・多品種により、いろいろな種類の材質・板厚を在庫しなくては加工ができない。 すると、「即日板金」が不可能になってしまう。HYPERMARSは、世界でも例を見ないほどの規模で材料をストックできます。

IT化した24時間対応の自動倉庫HYPER MARSと各ブランキングマシンを連動させ、ワークスケジュールを組み、夜間休日無人自動化で24時間×365日フル稼働を実現しています。

世界最長の材料自動倉庫MARS

最新のレーザー加工機械LC-3015F1NT導入

LC-3015F1NTによる設備効果について日刊工業の記事

洗浄内製


精度な洗浄品質

精密洗浄作業の内製化によって即日板金が可能です。
真空パックにより、弊社製品をそのまま、真空チャンバー内に取り付け可能です。
また環境に配慮して準水系の洗浄剤を使用し、高精度な洗浄品質を可能にします。

24時間対応型の精密板金工場

環境管理ISOであるISO14001を2007年取得。品質管理ISOのISO9001を2008年取得しました。
新工場設立の際にも環境に配慮し、加工機械やエアコンなど車内の設備も省エネ・リサイクル可能な設備を導入しました。 今後工場横の敷地に植林をし、地域の環境にも考慮した工場を目指しております。

太陽光発電

100kW(50kW×2)の太陽光発電システムが工場内の消費電力の14.2%/年間(およそ20万m² の森林が1年間に吸収するCO2量に相当)を担っています。

ISO14001 環境方針

基本理念

 当事業所は、地球環境の保全が人類共通の重要課題のひとつであることを認識するとともに、企業活動のあらゆる面で地域環境及び地球環境の保全に配慮して行動する。
そして次世代へ企業として、より良い地球環境を継承していきます。

行動方針

  1. 当事業所は合意的な生産活動と質の高い精密板金加工を提供するという基本使命を踏まえ、以下の重点項目について積極的に取り組む
    1. 紙類について、省資源の推進
    2. 事業活動から発生する廃棄物の削減及び再生、有効利用の推進
    3. 消費電力について、省エネルギーの推進
    4. 環境に配慮した製造工程の改善
    5. グリーン購入の推進
    6. 当事業所内の緑化活動の促進
    7. 製品含有科学物質の管理は、法規制およびユーザーの要求事項を遵守します
  2. 事業活動による環境影響を的確に把握し、環境管理組織や社内規定等の運営制度を整備し、環境の継続的改善と汚染の予防に努める。
  3. 環境に関する法律、規制を遵守し、当事業所が同意したその他の要求事項に適合させる。
  4. 全従業員にこの方針を周知し、環境意識を高めるために環境教育及び啓発活動を実施し、必要に応じて当事業所外に知らせる。
  5. この環境方針は、文書により社内外からの要求に応じて好評する。

2007年9月11日
株式会社 マキノ
代表取締役 牧野 拳一郎

品質への取り組み

品質方針

 当社は、常に業界トップを目指して経営の目的である「顧客満足の追求」に適切な品質方針を設定する。

  1. 当社は法規を遵守し、かつお客様の立場に立って、お客様の要求に最大限に適合する製品・サービスを提供することを最優先する。
  2. 品質方針の実行を確実なものとsるため、各部門は品質方針に即した年度品質目標を設定し、その実行とレビューを行い、目標の達成を図る。
  3. 源流管理により不良品をつくらない、出荷しないために、製造工程の高度化・統計的管理手法等の継続的改善と品質モニタリング、是正処置の徹底を図っていく。
  4. マネージメントレビューを実施し、品質マネジメントシステムの有効性の改善をする。

2007年9月1日
株式会社 マキノ
代表取締役 牧野 拳一郎

Copyright© 2006 MAKINO Co.,Ltd. All rights reserved.